「ハルミッコ」(法村香音子著)紹介の前に

ティットンサーネー ハルミッコ カーシトゥドゥン ハルミッコ サンナティエーヌルゴンナー ホーホベッパリ ハルミッコ チョンナンコーチーコーチュンゲー ムースコーチーモッテヨー 私はこの歌を、四十年もたった今でも踊りながら歌えるのです。二番はとなるとちょっとぎこちないけれど……。 そのしぐさから考えると「ハルミッコ…

続きを読むread more

アメリカンサイズのカウンターチェア

ブックカフェ「やさしい気持ちで沖縄」は、ただいまゆるゆると準備が進んでいます。今日は、カウンターの椅子が届きました。 座高60センチ。カウンターとのバランスで考えると少し高めになります。 しかし、通常の椅子ですとカウンターで肘をつけませんし、ご飯を食べる時にしがみつく感じになってしまいます。カウンターに両肘をついてリラックス…

続きを読むread more

輝いていたジュリー・パク

今までに出会った大勢の人の中には、付き合い方の密度に関係なく、ずっと心に残る人がいます。ジュリー・パクさんもその一人。彼女を取材させていただいた1993年の記事を下記に紹介いたします。 (1993年9月 日本と韓国を結ぶ総合誌Freelife」より) ジュリー・パク(朴珠里)、しっかりとした歌唱力、伸びやかで艶のある歌声…

続きを読むread more

ブラック介護の現場を目撃したからこそ言えることがある

一昨年、沖縄県の老人保健施設から、叔母を無理やり退院させました。「契約違反になるから今すぐ退所できませんよ」と主張する施設側とは相当もめましたが「入所者の事故は県に報告義務があるはず。報告しましたか?」で、施設側は折れました。 この施設、沖縄では介護専門の大手系列です。デイケア、リハビリ専門病院、老人ホーム、そして老健施設など、介…

続きを読むread more

那覇の下町「開南」に決まりました(*^^)v

「優しい気持ちで沖縄」の場所が決まりました。開南のバス停から徒歩3分。庶民の台所「太平通り」の農連側入口からは徒歩1分。国際通りからだと、ドンキホーテ横の市場本通りをまっすぐサンライズ方向に徒歩5分です。 16坪の小さなお店で、設備は居抜き譲渡となりました。カウンター、水回り、エアコンなど基本的な設備が整っているた…

続きを読むread more

便利さと効率を求め続ける未来には何が待っているのだろう

先日テレビで、ロボットのスタッフたちが活躍する「変なホテル」が紹介されていました。環境に配慮し、最先端の技術を使い、徹底的に生産性を高めてサービスする、というコンセプトだとか。多分、人手不足と経費削減を同時に解決したいという思いもあるのでしょう。 変なホテルのコンセプトは理解できるとしても、私は、ちょっと考えこんでしまいました。 …

続きを読むread more

カタチあるものは必ず壊れるのだ!

お店でも使うつもりでいた愛用のウェッジウッド。久しぶりに取り出してみれば、あらまヒビが~!!! ニャンコがドタバタやっていたせいでしょうか…。 カップも割られちゃったしな~( ̄^ ̄°) 嘆いても仕方なし。モノは、必ず壊れます(*^^)v。 それよりも、パンづくりの練習だい! あらら~、 バターロールがお互い…

続きを読むread more

京都・七条川原町、春ちゃんの人情屋台

言葉というものは、時代によってその意味や使われ方が随分と変化する。 たとえば、人を表すのに良く使われた言葉に「要領」がある。一昔前なら 「あいつは要領がいい」といわれる場合は、殆どが悪口だった。 要領の悪い人とは「真面目・融通が利かない・率直」など、一本筋の通った人を指し、要領の良い人とは、人の顔色を見てうまく立ち回るズル…

続きを読むread more

アメリカンコーヒーをご一緒に

お誘いを受けて、那覇のシーメンズクラブでお茶してきました。ランチタイムを過ぎたこの時間は、お客さんも少なく、のんびりできます。 シーメンズクラブは世界各国にあって、船乗りたちの憩いの場所、情報交換の場所として活用されているとか。沖縄では、米軍関係者の利用が多いようです。 基本的にアメリカ関係のお店は、どこも椅子がしっ…

続きを読むread more

クロワッサンを焼いてみました

ブックカフェ&バー「やさしい気持ちで沖縄」は、毎日提供は無理だけど、時々、そうですね、週に一回ほどのローテーションで、作りたて・焼きたてパンをサービスしたいなぁと考えています。 果たして、お客様に出せるレベルのパンを焼くことができるのでしょうか。パナソニックのビストロを使ってテストです。 先日、バターロールをつくったので、今…

続きを読むread more