2016年02月01日

やさきもオープンの経緯

近頃、ものごとの判断に迷う。根気がなくなった。活字が読みにくい。運転中ヒヤッとすることが増えた。シワが増えた。髪にコシがなくなった。手にシミができた。日差しを眩しく感じる。膝や腰が痛い。息切れする。すぐ疲れる。食が細くなった……。

今まで当たり前に「在った」あらゆるコトガラが失われていきます。そして最後にはゼロになる。

美魔女だデトックスだ、ヒアルロン酸だのと、どれほど抵抗しても老いは確実にやってきて、私たちが蓄積してきたものを奪っていきます。

奪われるだけだとしたら、誰でも不安になるけれど、多くのムダを削ぎ落としていくのだと考えたら、とてもスッキリしませんか。いわば人生の断捨離。重い荷物をおろして、各自が身の丈に応じてシンプルに暮らすのだと考えたら、楽しくなりませんか。やがて訪れる「ゼロ」を、素直に受け入れることができるような気がします。

その時のために、今の自分にやれることは何だろう。

そう考えた時、やさきものコンセプトが頭に浮かびました。

私の居場所であると同時に、あなたの居場所となり、店主とお客さんとしてではなく、人と人、気持ちの通じる人たちが気軽に集える場所。そこは、絶対に、ビジネスモデルには成りえないけど世代を超えて繋がれる場所。

家族のためのご飯を作る気持ちで食事を提供し、友達のためのドリンクを用意する。大勢の人がやってくるような場所ではなく、互いに、1人ひとりと向き合える場所。

疲れたなぁと感じた時。
1人の時間が欲しくなった時。
ふと、寂しさを感じた時。
なぜか心が不安になった時。
元気をもらいたくなった時。
じっくり読書したくなった時。
愚痴を吐き出したくなった時。
だれかに話を聞いてほしい時。
邪魔されず仕事に没頭したい時。

こんな時に思い出してほしい「やさきも」です。

継続運営が出来れば、利益は求めていません。無給の店主1人です。
体力の続く限り、沖縄ならではの優しい居場所を提供してまいります。
このように、自分勝手でわがままな店ですが、よろしくお願い致します。
posted by 中庸 at 01:05| 沖縄 ☀| Comment(0) | 基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください